賃貸管理の会社に依頼しよう|大家さんの手が空く

  1. ホーム
  2. 賃貸経営の物件管理と集客

賃貸経営の物件管理と集客

ウーマン

外部委託するメリットとは

不動産投資を始めるために収益物件を手に入れたオーナーの多くは、賃貸管理会社に物件管理を委託することを選択します。賃貸管理会社に管理を依頼すると、オーナーが自ら管理する場合に比べて様々なメリットがあります。賃貸管理会社に依頼するメリットの一つは家賃を適切に回収してくれるところです。家賃回収は不動産投資において最も重要な点の一つです。通常、家賃は口座引き落としや振り込みによる場合がほとんどですので、毎月しっかりと入金されれば特に問題となりません。しかし、中には滞納する入居者が出る場合があります。単なる残高不足やうっかり忘れていたような場合はすぐに入金や振り込みをしてもらえばいいのですが、問題は資金繰りが苦しい場合などです。このような場合、賃貸管理会社はオーナーに代わって滞納先を訪問したり、督促をして回収に向けて動いてくれます。家賃の回収は非常に手間のかかる業務ですので、管理会社が代行してくれると助かります。また、入居者に水回りなどのトラブルが発生したような場合、賃貸管理会社が対応してくれます。トラブル解決のための適切な対応は結果的に入居者の満足度にもつながり、短期間で入居者が退出するのを防いでくれます。特に所有物件がオーナーの自宅から遠方にある場合、賃貸管理会社のこのような役割は大きなメリットと言えます。賃貸管理会社に依頼するメリットにはこうした管理業務だけでなく、入居者を探してくれるという仲介業務があります。物件に空室が発生した場合、賃貸管理会社は自らのネットワークを活用したり、広告を出したりして入居者を探してくれます。これは賃貸経営にとって重要な稼働率を上げてくれるので安心です。