賃貸管理の会社に依頼しよう|大家さんの手が空く

  1. ホーム
  2. スキルが違います

スキルが違います

婦人

情報提供者にお願いしよう

同じ賃貸物件でも写真の見せ方で入居希望者の数は変わってきます。優れた賃貸管理会社であれば、部屋を広く見せるノウハウや綺麗に撮影するスキルを持っています。また、賃貸物件の紹介コメントにおいても、入居希望者が惹かれるようなワードを散りばめています。もしも、空室になる度に賃貸管理会社が家賃の引き下げを要求してくるようであれば、思い切って賃貸管理の委託先を変更することも考えてみましょう。賃貸管理会社を選ぶ際に気を付けるべきことは、その賃貸管理会社のポジションです。賃貸管理会社は自社が管理している物件だけを仲介しているわけではありません。他社から流れてくる空室情報も仲介をしていることがあります。空室情報をもらうところがあるということは、もう一方で、空室情報を提供する賃貸管理会社があるということです。そして、オーナーが賃貸物件の管理をお願いするべき先は空室情報を他社へ提供している賃貸管理会社です。なぜならば、このような会社では、自社で目先の利益を獲得することよりも、一刻も早く空室を埋めようと考えているからです。空室物件を減らし、入居率を上げることで、さらに多くのオーナーから賃貸物件を管理させてもらえる、と考えているのです。賃貸物件情報について、どのようなポジションにいるのかということは、空室が続いた場合にどのような対策をとっているのか、という質問をすれば把握できます。賃貸管理会社の担当者に率直に問い合わせてみましょう。