賃貸管理の会社に依頼しよう|大家さんの手が空く

  1. ホーム
  2. 不動産投資が過熱している

不動産投資が過熱している

集合住宅

物件管理は第三者にお任せ

最近では不動産投資を新規で始める方が増加傾向にあり、その要因としては景気の動向を図る指数が戦後最大の期間にわたり、上昇を続けている事が要因の一つです。失われた20年などといわれているように、日本は長期に渡り景気停滞に悩まされてきましたが、最近の景気上昇は投資を本格化させる役割も果たしています。投資先の中でも特に初心者に人気があり、投資しやすいものとして賃貸不動産経営が選ばれています。賃貸不動産が投資先として選ばれている理由として、様々なサポートサービスが充実している点が好まれている要因でしょう。賃貸不動産経営には、投資先として所有する物件の管理を自身で行わずに、賃貸管理を専門に扱う会社にお任せする事が出来るシステムがあります。この賃貸管理の専門会社に依頼すれば、賃貸不動産経営に関する専門知識やノウハウがなくても、気軽に不動産投資に参加可能です。また、賃貸管理会社は賃貸不動産経営のエキスパートですので、自身で賃貸管理を行うよりリスクを減少させることが出来ます。所有物件の賃貸管理を第三者である専門会社に依頼するには、当然の事ながら手数料を会社に支払わなくてはなりません。各管理会社により手数料の額に違いがありますが、一部屋毎の家賃から一〜二割程度が管理委託手数料として徴収されます。各管理会社のサービス内容や契約期間によって、各社でプランに特徴がありますので、ホームページなどを参照して選考されると良いでしょう。